脱毛サロンの襟足の脱毛を受けるメリットとデメリットについて

脱毛サロンの襟足の脱毛を受けるメリットとデメリットについて

襟足の脱毛を、脱毛サロンで行うメリットは、うなじのむだ毛を気にする必要が無くなり、より魅力的なヘアスタイルに挑戦できることです。
ショートカットやボブの人は、髪を切る時に、カットが終わると、うなじの産毛をシェーバーで剃るように、うなじの毛は一般的にはムダ毛として扱われます。
髪をアップにしたときに、うなじが無駄毛で見た目が汚かったら台無しになってしまいます。
ですので、うなじの部分が露出するような髪型にチャレンジするためには、うなじのムダ毛を処理する必要がありますが、そのためにはエステサロンなどでうなじの脱毛をするのが簡単です。
やはり、うなじの部分は自分では見えないため、自己処理は難しいので、サロンでやってもらうのが安全ですし確実です。

 

襟足脱毛をする脱毛サロンを選ぶ上で気を付けたい事についてはこちらです。
http://www.alexanderlonge.com/eriashisalonerabi.html

 

自己処理をすると、剃り残しなどでかえって清潔感がなくなってしまいます。
また、見えづらいために、肌を傷付けてしまう可能性もあります。
うなじにムダ毛がないと、自信を持って、堂々と髪をアップにすることができます。

 

またうなじが産毛や後れ毛で覆われていると、肌がくすんで見えます。
えり足脱毛で、うなじのムダ毛が無くなれば、首筋がくすんで見える原因が無くなり、肌がワントーン明るく見えるようになります。

 

さらにサロンでは、ムダ毛を完全に処理する脱毛と、自然に毛を残して全体を薄くする減毛を選ぶことができます。
このように、脱毛サロンの襟足脱毛には様々なメリットがあります。

 

一方、デメリットについてですが、サロンの襟足脱毛のデメリットは施術に痛みがあることです。
その他の部位では痛みを感じなかった人でも注意が必要です。
エステでの脱毛が初めての場合は、なおさら痛みに驚くでしょう。
痛みを少しでも軽くするためには、十分に皮膚を冷やすことです。
施術が終わった後もじっくりとクーリングします。
また照射パワーを下げてもらいます。
しかし、光の出力が下がると痛みが軽減されるだけでなく、効果も減ってしまいます。
こうなると、施術1回の効果が減るために、施術が完了するまでに通う回数が増え、何回もサロンに通わなければならないことになってしまいます。
ですので、これはどうしても痛みに耐えられないときの対処法になります。
さらに、サロンによっては痛みを緩和させるジェルを使っています。
施術の前に専用のジェルを塗ると、痛みを感じにくくなります。
ジェルを使うサロンは少ないので、取り扱っているか確認する必要があります。
自宅で行う対処法としては、潤いを保つことです。
肌が乾燥していると痛みを感じることがあるので、保湿を欠かさず行います。
高保湿の化粧品を購入する場合は、費用面での負担が追加されます。

 

襟足脱毛うなじ美人研究会 トップページに戻る