襟足脱毛をする脱毛サロンを選ぶ上で気を付けたい事 | 襟足脱毛うなじ美人研究会

襟足脱毛をする脱毛サロンを選ぶ上で気を付けたい事

一般的な脱毛サロンなどで「襟足」という部位は、首の後ろ(要するにうなじと呼ばれる部分)全体を指すことが多いです。
ただ、あくまでそういうサロンが多いということで、脱毛部位の「襟足」が指す範囲はサロンによって異なる場合もありますので、事前にきちんと確認しておくのが良いでしょう。
襟足脱毛の事ならうなじ脱毛ぷらざがおすすめです。)

 

うなじ部分に生えている毛は、身体の他の無駄毛と比べると比較的細くて、産毛に近い色の薄い毛が生えている場所です。
しかし、エステの脱毛方式として現在主流となっている光脱毛(「フラッシュ脱毛」とも呼ばれる)という方式は、ムダ毛の毛根にあるメラニン色素(黒い色の色素)が光エネルギーをよく吸収することを応用したものですから、細くて薄い毛が多い襟足を脱毛する際には、他の部位のムダ毛を脱毛する際、一定の効果を得られる一般的な回数である6回程度の施術を受けても、満足な効果を得られないことがあります。
つまり、襟足の脱毛は他の部位の脱毛と比べると、満足できる効果を得るために必要な施術を受ける回数が多くなる場合が多いのです。
(ミュゼや脱毛ラボなどで採用されているSSC方式という方法は、光脱毛とは異なる仕組みの方法ですので、一定の効果は期待できます。)

 

そのため、脱毛サロンを選ぶ際には、施術を受ける回数が多くなることを考慮し、料金を確認しておくことが必要です。
(また、回数が多くなるということは、期間も長くなるということですので、それを踏まえて、襟足の脱毛を開始する時期を考えるべきでしょう。)

 

一般的には、襟足脱毛の相場は1回あたり3,000円前後です。
ただこれは、あくまで値段の目安です。
一度に申し込む回数が多いと安くなったりしますし、また、脱毛の範囲によっても変わってきますので、単純に比較することはできません。
(キャンペーンなどで安くなる場合もあります。ただ、えり足の脱毛がキャンペーンの対象となることはあまり多くはありませんが。)

 

この相場をはるかに上回るような脱毛サロンは良くないでしょう。
(ただ、クリニックの医療レーザー脱毛であれば、施術1回あたりの金額が高い代わりに、1回あたりの効果が大きいですので、話が違ってきます。)

 

また、あまりに安すぎる場合も、施術の効果や安全性に不安がありますので、この相場付近で、安心して受けられるサロンを選ぶようにするのが良いでしょう。

 

襟足脱毛で気を付けるべきことは他にもあります。
襟足はショートヘアにしたり、また、ロングヘアでもアップにすると比較的目立つ部分です。
そして、襟足を上にたどると髪の毛になりますし、下に行くと背中になります。従って、襟足を脱毛すると言っても、その範囲を明確にしておかないと、髪の毛まで脱毛されては大変ですし、襟足から背中まで脱毛されると料金が高くなります。特に髪の毛との境は、その境界線についても人によって個人差がありますし、きれいなラインに仕上げられるかどうかも気になるところです。
そこで、施術を受ける前に、自分のイメージをきちんと聞いてもらえるかどうか、どのようなラインにすればきれいに見えるかということを提案できるかどうかが、脱毛サロンを選ぶ上で気を付けておくべきポイントになります。
また、襟足脱毛は他の部位の脱毛よりも施術回数が多くなる傾向にあるということは、それだけ脱毛を完了するまでに期間を要することを意味します。そして、髪の毛との境目のラインが重要となってくる襟足脱毛では、施術者が変わることでそのラインが変化してしまうことも避けたいところです。そのため、脱毛完了まで施術者が決まっているかどうかもよく確認しておくべきです。